サイゴンの波のリズム:サイゴン川を渡る歩道橋の建築コンペで2位

サイゴン川にかかる歩道橋は、既存の市内中心部と新しいトゥティエム市街地を結び、グエンフエ歩行街とバクダン川沿い公園をホーチミン広場(ベトナム最大の広場)と結びます。現在の建築と未来を繋ぐ、新たな都市の姿を表す重要な意味を持つ価値。

将来的に街のハイライトとなることが期待される、全長500mを超える歩道橋プロジェクトです。 ホーチミン市政府は、周囲の建築空間全体との調和を確保するために、プロジェクト設計の要件を設定しています。したがって、サイゴン川にかかる歩道橋は記憶に残る形で建設され、印象的な芸術作品、サイゴン川の建築のハイライトとなることが期待されています。同時に、橋は高い美的要素を備え、新しい技術を使用し、必要な場合に緊急車両が移動できるようにする必要があります。

Saigon Waves プランのいくつかの利点

  • 愛しくて珍しい、この場所よりもふさわしい曲線の形をした橋があります
  • 徒歩での移動時間を 5 分節約するだけで、100 万人が 500 万分を節約できます。
  • 高い美的価値をもたらすだけでなく、橋の曲線形状だけでも十分美しい
  • さらに、特にサイゴン、そしておそらくベトナム全体を象徴する唯一のランドマークもあります。

周囲の建築景観と調和します。 キドフが設計したサイゴン川にかかる歩道橋は、水面に芸術作品をもたらすだけでなく、極東の真珠のシンボルをその内部に宿す、収容人数 4,300 人のエンターテイメントの場としても機能することを約束しています。既存の市内中心部とトゥティエム新市街地を結び、グエンフエウォーキングストリートとバクダン川沿い公園をトゥティエム広場(ベトナム最大の広場)と結びます。

RM-SPECEFRAME によってモデル化されたサイゴン ウェーブをテーマにした歩道橋は、単一の桁構造を使用して、各ケーブル ステーとパイロンが存在する橋の断面を表現します。このモデルは縦方向の主な用途に採用されており、構造物に最も大きな荷重がかかる方向の部材の設計イメージを計算するためにも使用されます。橋はケーブルのたるみの影響を考慮して線形的に解析されます。 死荷重条件下でのステイケーブルの弾性率は、ケーブルのたるみの影響を考慮したエルンストの公式を使用して低減されます。

サイゴン川に架かる歩道橋の建築コンペで2位に入賞した計画の全景を見てみよう

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

Start typing and press Enter to search